カート
ユーザー
絞り込む
種類から探す
特徴から探す
桜井こけし店について
頭と胴から成る素朴な姿が特徴のこけしは、木そのもののぬくもりを感じさせます。 ここでは、複雑な製作工程のうち、基本となる3つの作業をご紹介します。

1 乾燥

こけしの用材として多く使われるミズキ。木地の白さと乾き具合をこけしづくりに適した状態にするため、伐採して水分を抜いた生木を8ヵ月〜1年半ほどの間自然乾燥させます。この作業は空気の乾いた11月頃に、手仕事で樹皮を剥くところから始まります。



2 木地挽き

用材をろくろの軸先に固定して回転させ、専用の道具を用いてこけしの形に削っていきます。木地を削り、模様を刻むためのカンナや、粗い部分をなだらかに仕上げるウスバなどの道具はすべて手づくり。頭と胴を別々に削り出して組む鳴子ならではの製法「はめ込み」も、熟練のなせる技です。


3 描彩

こけしは緻密な筆使いによって命を吹き込まれます。子どもの顔に似た面相に、お祝いごとの象徴である頭部の水引手、胴に施された菊模様は、伝統的な鳴子こけしの特徴。一つひとつ手で描かれることで、独特の佇まいを帯びていきます。