小寸こけし 昭二型

櫻井家の伝統が詰まった、小寸こけし。
四代目の櫻井昭二が作った 傘のこけしをモデルに昭寛が製作しました。

先代のひとり、岩蔵が生み出した「ビリガンナ」という
カンナを飛ばして模様をつける技法が 傘と胴の裾部分に入った、
櫻井家の伝統が詰まったこけしです。

小寸こけしにまつわるお話は、こちらから。
【コラム】櫻井家の伝統と小寸こけし


サイズ目安:高さ8.5cm
材質:イタヤ
作り手:櫻井昭寛

【販売数】1点限定 一つひとつ手描きのため描彩が少しずつ異なります
【お届け】2020年5月中にお届けします
  • 7,800円(税込8,580円)